銘柄選びのポイントについて

株式投資を行う際に最も重要なのはどんな銘柄をどんな基準で選ぶかです。 もちろん、投資できる資金によっても変わってきますが、1つの銘柄に集中投資するのではなく複数の銘柄に投資することをまずお勧めしたいと思います。 なぜならば、長期的に投資したい銘柄だけを選ぶのであれば、国債や社債を投資の対象にするものと大きく変わりありません。ここに短期的な値上がりを想定できるような銘柄を組み合わせて保険をかけることによって株式投資が非常に面白くなってくるのです。 もちろん、どのような銘柄を購入するにあたっても実際に事前の検討が必要になります。例えば、直近の数年間のチャートの分析を行い、どのレベルで売買を行うかを事前に決めておくことです。これは長期的に保有する銘柄であっても短期的に保有する銘柄であっても同じことです。基準を決めておくことがかなり重要なポイントになってくるでしょう。もちろん、長期的に投資するような銘柄に関しては値上がりや値下がりも幅が小さいのですぐに売買するような事はないと言うデータが出てくるはずです。 さらに、事前にチェックするべきこととしては企業の財務状況になるでしょう。専門的なことをわからなくても、長期的に見て赤字なのか黒字なのか、そして今後のビジネスの展望は描けているのか、ライバル会社と比較してビジネスの展開は明確になっているか、社会情勢を鑑みて今後ビジネスが伸びていくかどうかなどは考えることができると思います。 そしてこのようなことを考えていくと自分自身が政治経済、ビジネスについてしっかり幅広い視野で学んでいくことが重要だと言えるかもしれません。結果的に株式投資を行うと言う事は自分自身のビジネスマンとしての素養を高めることにもつながるわけです。 後は、自分自身で売買を行う金額を決めておき、冷静に投資後もその事前に決めた金額を守りながら売買をすることが非常に重要でしょう。株式投資にとってここで冷静さを書いてしまうと1時的なプラスに寄ってしまい、マイナスも見過ごしてしまうことになりますので結果的にマイナスに働くことの方が多いといえます。 いかにして、リスクを少なくし、プラスを増やしていくことができるか、投資にとってはこれほど重要なポイントはありません。リスクがあるとは言えそれを最小限に抑える事は個人でできるわけですから。あくまで自己責任の範疇で投資を行うと言う事を肝に命じてください。