海外バイナリーオプション業者・トレード200の特徴

海外バイナリーオプション業者に「トレード200」がありますが、同じバイナリーオプション業者のソニックオプション同様、K2 Ventures Limitedという会社が運営しています。トレード200はバイナリーオプション業者には珍しく、Vプリカを使ったコンビニ決済のできるのが特徴です。コンビニからVプリカを購入して、クレジットカードのように決済ができるため、クレジットカードを使いたくない人に最適です。

●メリット
トレード200のメリットには以下などが挙げられます。
1.最低取引額が200円
トレード200は最低取引額が200円と、業界最安値になっています。この安さは初めてバイナリーオプションをする人にとっては、気楽に試せるという点で大きなメリットになります。大きな利益は得られませんが、実際にお金を賭けるということでは、デモトレードよりモチベーションが高まります。

2.ローソク足チャートの表示
トレード200はバイナリーオプション業者としては珍しく 取引画面にローソク足が表示されます。表示できる時間足には1分足、5分足、10分足の3種類があります。先に5分足を見てトレンドを確認し、それから1分足の取引を行うといった使い方もできます。株式やFXなどの取引でローソク足に慣れている人にとっては、有難いサービスです。ハイローオーストラリアを始めとして、多くのバイナリーオプション業者はティックチャートと呼ばれる線や波で表すチャートを採用しています。従って、実際に取引をする際はMT4などのチャートソフトを利用しなければなりません。

3.経済指標の提供
各国の公的機関が発表する経済状況を数値化した指標が提供されています。過去の数値からの変化を見ることで、その国の経済状況を確認できます。為替相場というのは経済状況に応じて変化するため、貴重な指標です。トレード200はローソク足によるテクニカル分析と、経済指標によるファンダメンタル分析の2つを同時にできることになります。

●デメリット
トレード200には以下などのデメリットがあります。
1.低いペイアウト率
トレード200の最高ペイアウト率は2倍になっており、他の海外バイナリーオプション業者と比べて低いわけではありません。ところが、一般的に利用されるハイロー取引のペイアウト率は10分取引で1.76倍と低くなっています。さらに、1分取引は1.74倍と、ハイロー取引の平均的なペイアウト率である1.8倍と比べると見劣りがします。

2.遅い出金スピード
トレード200で不評なのが出金に時間のかかることです。出金の早い業者だと、午前中に出金申請をすれば、翌日には指定口座に振込まれます。12時を過ぎてから申請しても、翌々日には振込まれます。ところが、トレード200は出金依頼をしてから口座に振込まれるまで、最短で3日程度かかります。土日曜を挟むと一週間程度必要になり、かなりルーズと言えます。ただ、サイトリニューアルに伴い、改善の様子は見られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です