バイナリーオプションが簡単な理由とは

どの種類でも二択の予想が当たれば勝ち、はずれれば負けというかたちで、すっきりで造作なくなのがバイナリーオプションの特色です。むちゃな手順をすれば財源を何倍にも増やす事が無理ではないため、素敵に見えてしまう人もいるようです。とくに外国の未登録プロが用意する、30秒や1分など極端にわずかな間のバイナリーオプションでは、この性質が強くなります。バイナリーオプションでは、オプションを買い物時にトレーダーは専門家にオプション代金を入金ます。加えて、勝てばペイアウトがプロからトレーダーに支払われ、負ければエキスパートからトレーダーには何も支払われません。このように、トレーダーと専門家の間で元金の受け応えが行われる仕組みなので、トレーダーの利益は専門家のロスになり、トレーダーのロスはエキスパートの利益になります。つまり、支払総額に対する受取総額の比率(受取総額÷支払総額×100)が100%未満の時に、プロに利益が出ている事になります。

プロはビジネスとしてバイナリーオプションのサービスを用意しているので、トレーダーにはロスを出してもらって、自身たちの利益を確保する不可欠があります。その利益から人件費や広告費、仕組みの製作・運用費、出資者への分配金などを捻出しているわけです。万が一これができなくなれば、サービスを終了する事になります。バイナリーオプションでは、エキスパートがオプション買い物代金やペイアウト価格、判定レートなど、取引要件を決めるため、これらの取引前提をすり合わせすれば利益をコントロールできます。上述の表には支払総額に対する受取総額のレートが100%を超えているところがありますが、これはビジネスとして赤字の状況です。トレーダーにとってはありがたい取引環境だったと言えますが、この状況が常に続くようであればプロとしてはどこかに扱ってをせざるを得ないはずです。その実個人出資住宅向けのバイナリーオプションにそれに対しは世の中的に風当たりが強くなっており、例を挙げるとEUやイギリス、カナダではパーフェクトに禁止になっています。バイナリーオプションはプレーンなので誰でもスタート出来られるハードルの低さがありますが、ダマされやすい未経験者を狙った詐欺まがいの行為も横行していました。それ故、これらの地域では「バイナリーオプション=詐欺アイテム」とみなされてしまっているのが現実のようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です