会社員が投資をするならFXをおすすめする理由

定年退職後の生活を考え、会社員として働いている内から投資を始める人は少なくないです。一昔前までは個人投資家に人気の投資と言うと、株取引を思い浮かべる人がほとんどでした。ですが最近では、株取引に負けないレベルでFXも人気の投資となっているのです。 FXが人気の理由は、株取引と同様にインターネットを用いて取引が行える所だったりします。しかもスマートフォンを使えば自宅だけでなく、出先の空いた時間に取引を行う事も可能です。それこそ会社員が休み時間にスマホ用の専用アプリを使って取引を行い、利益を得る事も出来ます。この様に場所を選ばず取引を行える点は、FXのおすすめポイントです。 更にFXは株取引よりも、会社員がリアルタイムで取引出来る可能性が高い点も魅力的だったりします。国内の株式市場は平日の9時から15時までしか開いていないため、大抵の会社員は仕事をしている時間と重なってしまう事が多いです。お陰でリアルタイムで取引出来る機会は、かなり少なかったりします。所がFXは異なる2国間の通貨を取引するので、海外の何処かの市場が開いていればリアルタイムで取引を行う事が可能です。基本的に平日であれば24時間何時でも、リアルタイムでトレード可能となっています。そのため会社員でも仕事を終えた帰宅後の空いた時間に、リアルタイムでトレードする事が可能です。他にも寝付けない夜中や、朝出勤する前にトレードを行う事も出来ます。 投資と言うと、かなり纏まった金額を用意して行うべきものというイメージを持つ人が多いです。実際に株取引を始める際には、少なくとも数十万円規模のお金を用意すべきだと言われます。ですがFXであれば、数万円程度のお金を用意するだけでも十分に勝負する事が出来ます。というのもレバレッジを用いる事で、国内口座でも最大で資金を25倍にしてトレードする事が可能だからです。しかも海外口座であれば、数百倍から1000倍といったレバレッジを利用する事が出来ます。この様にレバレッジを上手く活用する事で、少額の資金から一気に大きな利益を狙う事も可能です。そのため貯金がほとんどないという会社員でも、FXであれば始める事が出来ます。 加えてFXは売り注文からでも入る事が出来る点も、魅力的です。株取引で儲けるには狙った銘柄が安くなった時に買い注文を出し、高くなかった時に売るという方法を用います。所が相場の下落が続くと、そのタイミングがやって来ずに待ち続ける羽目になる事も少なくないです。FXも同様に買い注文から入る事で、相場が上昇ムードの時に儲ける事が出来ます。同時に下落ムードの時は先に売り注文から入り、実際に下落した後で買い注文を出す事で利益を得る事が可能です。相場の動きを予想出来るなら、上昇ムードだけでなく下落ムードの時でも利益を得る事が出来る点は非常に魅力的と言えます。特に会社員の様に限られた時間内でトレードする人は、トレードチャンスが多いFXはおすすめ出来ます。